【 コース紹介vol.2 】 運動器リハビリ

リハビリ整体 神戸

神戸リハビリ整体院いたやど

代表の河井陽介です。

今回のブログでは、

「リハビリコース」の2番目のメニューである“ 運動器リハビリ ”を紹介します。

運動器リハビリでは、

各種骨折後、脊柱管狭窄症、ヘルニア、すべり症、変形性関節症などを、過去に診断された方を対象としています。

これらを診断されている方は、痛み・痺れと言った症状に悩まされているのではないでしょうか?

坂本ディレクターと施術内容などの詳細を収録していますので、ご覧ください!

【スタジオCBR】vol 2 運動器コース紹介

脳とリハビリ研究所の坂本年将です。

神戸リハビリ整体院いたやどの

河井先生にシリーズで伺っています。

今回は、運動器リハビリコースですが、

このコースで来るべき方は、

どんな方が対象になってくるのでしょうか?

運動器リハビリ整体コースを受けていただける方は、

大腿骨頸部骨折のように転倒で受傷された方や、

膝の変形でO脚やX脚が進行し、

痛みが酷く動けない方といった、

元々の関節を人工関節に取り替える手術をしている方

が対象になってきます。

その他にも、

各種骨折・脊柱管狭窄症・すべり症

坐骨神経痛・肩関節周囲炎(五十肩)

と言った方も施術を受けていただけます。

そのような方たちは、病院を退院してから

主にどのようなことに困っているのですか?

脱臼する可能性があると言われているので、

その恐怖で運動制限されている場合や、

外出しても距離が歩けない場合、

また転んだらどうしようと言った恐怖

を持っている場合などがあります。

まだ痛みは残るのでしょうか?

ほとんど痛くないと言う人もいれば、

ずっと痛みが残る方もいます。

やっぱり高齢者の方が多いのでしょうか?

早ければ60歳からで、

歳をとれば受傷リスクが高まるため、

年齢に伴って患者様の数は増えていきます。

転倒を予防することも大事になりますよね。

退院されてすぐの方はもちろんなのですが、

昔、手術をしてから何年か経っている場合でも

是非とも来ていただきたいと思います。

受傷してから何年か経つと、真っ直ぐ経っているつもりが、

歪みを作り出している可能性があります。

例えば5年前に股関節を手術してから、

最近は腰が痛くなっていると言った方もよくあります。

手術をいつしたかということは関係なく、

施術させてもらいます。

悪いことを庇うことで、姿勢に負荷がかかり、

日常的に繰り返して慢性化すると、

その関節の上部の関節に負担がかかり、

しわ寄せが来ると言うことで、

チェックや身体検査をすることが

重要になっていくのではないでしょうか?

あとは、スタジオCBRというのは脳科学をベースに

健康スタジオを運営しようとしています。

脳卒中の場合は脳科学ということはイメージできますが、

運動器のリハビリでも脳科学を利用していくのですよね?

関節を取り替えることとは、

今までと全く異なる関節になるということです。

どれぐらい体重がかかっているか、

どれぐらい足が前に出ているか

という感覚が非常にズレてきます。

その感覚のズレを正常化(再学習)していきます。

また、私の研究テーマだったのですが、

転倒する理由として、実際の体の動き方と、

想像上の体の動きのズレが大きい場合に

転倒ににつながるということになります。

その知見や、脳科学や心理学を組み合わせながら

施術していくということになります。

内部モデルを更新していくということです。

(聞いている方はわからないと思いますが…)

河井先生の大学院での研究テーマだったのですが、

その内容をふまえて施術していくということです。

◆◇◆◇◆◇====================================◆◇◆◇◆◇

【スタジオCBR神戸】

神戸リハビリ整体院いたやど

営業時間9時〜21時、不定休、完全予約制

ホームページ: https://peraichi.com/landing_pages/view/studio-cbr-chiropractic-kb

お問い合わせ・ご相談: HP問い合わせフォーム

代表 河井(直通)

mail: st-kobe@studio-cbr.com

tell: 050–5361–8682

訪問施術にも対応!

神戸市須磨区を中心として明石市、高砂市、加古川市、姫路市までOK!

◆◇◆◇◆◇====================================◆◇◆◇◆◇